Dickson Manufacturing Companyの本

 railtruckさんがツイッターで,オンラインで見られると紹介されたDickson Manufacturing Companyの1886年のカタログを見て,そう云えばこんな本を持っていたのを思い出した。(↓クリックで拡大)  表紙に見えるように,上述のカタログより1年早い1885年版のリプリントに,製造した機関車のリストを加え…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

OLD BETSY〈3〉

 久しく間があいてしまいました。この間,模型以上に恒常的な楽しみの,本を読む癖(ヘキ)に時間を費やしていて,なかなかモデリングにとりかかれなかったんですよ。思えば子供の頃(幼稚園に上がる前)から活字を追うのが好きだった。  読むのは,鉄道や模型の関係だと洋書(アメリカのだけ)で,日本語の本はいろいろですが,何しろ何の準備も道具も不要な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLD BETSY〈2〉

 前回の最後に,レジン製パーツの反りの修正が次の話か,と書きましたが,それはもう少し先にします。  かわりに,上まわりの組み方を変えるつもり,と書いた方の話から。  キットの説明書では,キャブ・フロア(火室下部も一体)に上まわり(キャブ・サドルタンク・煙室)を接着固定して一体化するように書いてあります。その部分と下まわりとは,シ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

OLD BETSY〈1〉

 「再開の辞」で書いたヴァルカンのサドルタンクが,ナッツベリィ・ファームで展示されている2フィートゲージのが元ネタで,Fine Linesの1973年11月号に図面が出ているとrailtruckさんがコメントをくだいました。前に仕入れてあったガゼットとその前身(Fine LinesとSlim Gauge News)をまとめたDVDを見た…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

再開の辞

 前の記事を上げてから二年半も無為に過ごしたので,この間まったくご無沙汰し,失礼しました。どっかで野垂れ死んでるんじゃないかと思われたかも知れませんが,息をしています。  一か月ほど前に退職して「毎日が日曜日族」なったのですが,先輩方が云われる「何んだかんだとあるから毎日がヒマになんてならないよ」と云うのは当たっていて,ようやくブ…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

Sn2のロコ,機種を決める。

 「Sn2のロコ,作るとすると…」で,まず作るなら0-4-4フォーニィだと書き,ポーターかボールドウィンかのどちらかにしたいので,ディック・アンドリューズさん描くところの,ポーター製Sandy River R.R.の№3と,ボールドウィン製アウトサイド・フレーム機の図をお目にかけた。  ポーターはこれ以外に2輌あって,そちらも魅力的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資材課だより~42

〈最近の購入品〉 ★購入元:ヨドバシカメラ ・ファンテック製品:斬技シリーズ「スジ彫りカーバイド」5種/価格は文中(↓クリックで拡大)  度重なる引越しで模型に何も手をつけなかったこともあって,当課は開店休業,尻に苔が生えるほど無聊をかこっていたが,どうやら始動しそうな気配を察して市中見廻りに出たところ,この手に弱い課員が見つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more