祖師谷軽便,そしてあの頃~1

 祖師谷軽便鉄道と云う名前,聞いたことがありますか?
 今を去る四十余年前に作られたパイオニア的存在のHOn30レイアウトで,1966年から67年にかけてTMS(鉄道模型趣味)に連載記事で発表されましたからリアルタイムで読んだ方は今では50代半ば以上でしょうが,後に再録された「レイアウト・モデリング」で見知った方ならお若い方もいるでしょうね。無論,知らないよという方がいても不思議じゃありません。何せ半世紀近く前の話ですから。

 実は作者の橋本真さんが撮影した写真をいただいてアルバムに貼り込んであったのが,レイアウトルームの片付け/大掃除で出てきました。ところがそのアルバムというのが,何度でもつけ剥がし可能な,糊のついた台紙に写真をのせて表面をフィルム状のカヴァーで覆う方式だったのが災いして,数十年経ってみたら,全部じゃないですが見事にくっついちゃったものも出る始末。このままにしておいたらイカンわいと全部を剥がしましたが,悲しいかな一部に裂けたもの,印画紙が折れ曲がってひび割れたものが生じました。
 それでもほとんどは無事でしたから,このまま埋もれさせちゃうのは如何にも勿体ない,世のため人のためにに日の目を見させようと思うのがモデラー心情というもの。使いたいんですけどと橋本さんにお伺いを立ててみたら,ありがたいことに諒解を得られたので,何回かに分けてお目にかけることにします。
 ついでと云ってはナンですが,当時のナローゲージ・モデリングなどの話も,記憶を引っ張り出しながら書いていこうと思ってます。乞うご期待!(ってほどじゃないか…)

 祖師谷軽便は個人レイアウトですから現物を見る機会に恵まれた方はさしていないようにも思えますが,当時,交通博物館で毎年行なわれていた鉄道模型クラブの集う公開運転会に出品されたことがありますから,そこで実見された向きは結構おいでの筈。(↓クリックで拡大)
画像
 会場でどなたかが撮って橋本さんに差し上げたものだと思いますがピンボケですね。
 何しろ小さなレイアウトなので,この撮影者のようにお客さんは運転する橋本さん(右にちょこっと見える)の脇から,或いは肩越しに見てたワケ。
 そしてこの一般公開がきっかけとなってナローだけのクラブができ,さらに後年,橋本さんはその中の二人とともに軽便三人組のグループを結成,そしてTHE DUCHS STORYへ…という道筋が待っているのですが,それを予想できた人は誰一人いません。神のみぞ知る,でした。

 サイズわずか600×900ミリなれどエンドレスにリヴァース,終端駅と小さな中間駅を盛り込んだプランは,当時だけでなくおそらく今のモデラーでも,一度はセクションペーパーに描き込んでみるだろう必要構成要素が詰まってます。一段上げた本線エンドレス,やや下げたリヴァース,その手前の一番低いところをいっぱいに使って終端駅があり,手前から奥に向って標高が上がっていくるというデザインはよく考えられていますね。さすがです。(↓クリックで拡大/友人のT君撮影)
画像
 オッ,エンドレスの本線に客車列車がやってきました。(↓クリックで拡大/撮影:橋本真/禁無断転載)
画像
 この客車2輌は記事にも出てきていないのでこれが本邦初公開。おそらく車体はペーパーで屋根は木。ボギーの方は真横の写真もあるので,それは次回ということにして,今日はここまで。

Taddie

この記事へのコメント

Junior
2010年04月13日 19:01
正に日本のHOナローの"祖"先であり、"師"であったワケですね。
漫然と鉄道模型をやってた僕でも少し心を動かされましたよ。
でも、まぁ、やろうとしても当時の技術じゃ無理だったでしょうね。(今でもですけどね・・ハハハ・・・情けない・・・)
Cedar
2010年04月13日 19:07
祖師谷軽便~懐かしや!
そうか~飲み会でお会いする限りの軽妙洒脱な軽いノリの内面はクラフツマンシップに溢れていたのですね~。モデラーは奥が深いですなあ。
Taddie
2010年04月14日 03:10
Junior & Cedarさん,

コメントありがとうございます。
若さゆえのたぎる思いが原動力だったのは確かですね。他の人がやらないことをしたいというチャレンジ精神も大いにあったと思います。
これに倣ってレイアウトを作り始めて挫折しましたのも思い出しますわ。

今後の話も楽しんでいただければ幸いです。

この記事へのトラックバック

  • 祖師谷軽便,そしてあの頃~14 (長文乞うご容赦)

    Excerpt:  引っ越しだナンだといろいろあって,すっかりブログは無沙汰しちゃったけど,引っ越しのお蔭で探していた写真が出てきたので,このネタの続き(前回からもう4年だ…)をば久しぶりにツラツラと。 Weblog: 日々是工日~ナロー&トラクション・モデリング racked: 2015-04-18 00:56